乾燥した部屋の中にいると身体だけでなく

肌にとってもいいことではないので加湿は大事です。しかし加湿をやりすぎてもカビなどが発生する結果になるだけですからしないように気をつけましょう。湿度を50%から60%を超えないようとどめるようにして加湿器などを利用して調節を考えてください。家の中に観葉植物があるだけでも加湿につながります。植物は水を吸い上げて葉から水分を蒸発させて大きくなります。観葉植物の世話をするのはたいして難しくありません。部屋の飾りにしてもよいですから世話をするのをやってみませんか。夜眠っている間に喉がカラカラになっていやになることがあります。冷える時期は暖房をつけていますから部屋の内部が乾燥していて口の中も乾ききってしまいます。これでは風邪になるだけですからマスクを利用して加湿を心がければ風邪などのウイルスの予防につながります。
www.sankeien.jp