暑さを凌ぐためには体力を使いますから、疲れが増えて夏バテになります

疲れを解消するには夜はちゃんと眠って次の日の朝には復活していることが大事です。寝不足が重なると疲れが消えず元気が戻りません。夏バテをしないで過ごしたければ、できるだけ用事は早く終わらせ、いつもより早めに寝床に入って朝目覚めた時には疲れが抜けているように生活を変えましょう。夏バテの時は食欲がなくなって食べようと思えない方は多いです。でも、元気がなくなっている夏バテに立ち向かうには食べることも必要です。食欲がなくても元気でいるために、栄養になるものを頑張って食べましょう。食べる気にならず食べられない方は、香辛料などを使って受け入れやすくすることが可能です。唐辛子など辛くできるものは食欲を上げる大活躍します。気温は同じでも湿度が低い国では夏バテもしにくいです。気温が高いと体温も上がりますが、あふれだす汗が蒸発して涼しくできれば熱も下がります。けれど湿度の高い日本では汗がにじんでもそのまま残ります。その結果、体温は高いままで体のだるさは残ります。体が重い夏バテを乗り切るには、クーラーを利用するなら冷房ではなく除湿の利用がおすすめです。
http://www.jaynica.com/